上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
いつもの席で一人まったりする私。

まだ時計は10:30をまわったあたりで、私の周りにはあまり人もいなかった。



そこへ5人位の集団が私の2つ向こうのテーブルに座ったらしい。




それから数分・・・・

そのうちの一人が暴走した。




あっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ(ビクッ)


 
へっへっへっへっへっへっへっへっへっへっへっ



ひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ


 
い~~っひっひっひっひっひっひっひっひっ 



うほっ、へっへっへっ 







・・・ぐひっ






・・・・・・・エンドレス。



新種の怪物かと思って恐る恐る見てみたら、内巻きカールがステキなマダムだった。

ちょっとカモノハシに似てると思った。



しかし何がそんなに愉快だったのか。

私はちっとも愉快じゃなかった。




なぜ私の周りはこうろくでもない人ばかり集まるのだろうか。


女性らしく若者にナンパでもされるならまだいいが。
ただそんな事は死んでもありっこないのも事実だ。(私が男だったらこんな女は死んでもお断りだ)



春が来たのを実感した日だった。


+++++++++++++++++++++



母と電話で会話をした。

毎週土曜日夜9時きっかりにかけるのが決まりである。
ここで意外とマメな女である事を主張したい。


それはさておき、姉がおかしくなったらしい。



私が知っている姉は、高校卒業てからしばらくしてからは髪はまっ金金(白い時もあった)にしてメイクもばっちり(目の周りは真っ黒だ)、とてもはじけていた。(親としてはヤサグレていたと言いたいところであろう)。

まぁ、この妹の体たらくっぷりと比べれば数百倍マシだろうが。




私が東京に出た頃には大分落ち着いてカジュアルな女の子らしい方向に変わってはいたが、まだ「ウゼーなーおい」といった雰囲気が、なんというか、もんもん漂っていた。


妹としては恐ろしい事この上なしである。ただし、生活を共にする、という面においては、の話だが。


同居していた頃は非常に気を遣ったものだった。
物を食べたらすぐに皿を洗った。なるべく音を立てないように気をつけた。


今思うととてもアホらしい。こんなんじゃ気を遣われる方もハラが立つだろうに。
まぁ私が風呂とトイレ掃除を面倒くさがってあまりやらなかったので怒られていたのも事実だったけれど。


ただ、2人で住む分には怖い存在だが、姉は大好きだという事は本当。面白い仲間だった(あくまで私としては)。


姉は私とはたまに遊びに行った時もあったが、両親とはどこにも行かなかった。






まぁ・・・これが私が姉と認識している人物なのだが、昨日の母親の話では、



「(実家に帰って来る日)早くお母さんに会いたくて早くバス停に来すぎちゃった」


「お買い物に行こうよ」

(買い物中、花柄びらびらのスカートを見て)「これかわいーねぇ」

「両親には感謝しているの」




などといった言葉を発したらしい。


一撃だけなら、なるほど耳の錯覚かもしれないと思うかもしれないが、続けて四連発きてしまったらこれはもう聞き間違いなんて言ってられない。


さらに今までつけなかったレースのカーテンが欲しいらしい。
そして洋服の好みがひらひらの女の子ちっくなものになったらしい。


聞けばなんでも、彼女は最近タバコをやめて食生活も生活スタイルも一新したらしいのである。


朝早く起き、テレビを見ずにクラシックを部屋に流し、野菜を食らい、早めに家を出る。

・・・らしい。


化粧品も100%天然モノに変え、健康のために野菜中心の食生活に変え、髪を染めるのも一切やめ、
サラサラロングヘアーで現れた時にはぶっ倒れてしまいそうになったと母は言っていた。



そして極めつけは、性格である。
何とも穏やか~~~になってしまったそうな。
まるで草食動物、あえて言うなら羊のようだったと言っていたが、動物に例えるあたりの遺伝子はこの次女である私にそのままそっくり受け継がれていると言って良い。



クリスチャンであるピアノの先生に更正されたんだばい!と母は言っていたが、そのあたりは謎だ。

確かに言えるのは、人はどうとでも変わることができるのかもしれないという事だ。



次帰って姉の顔を拝むのが楽しみだが、
残念ながら妹は何も変わっていないぐうたらでちゃらんぽらんな女のままであるのが残念で仕方がない。

女であるのかどうかすら最近微妙になってきた位だ。





・・・・・・そしてこの日記を姉や姉の知り合いが読まない事を切に願う。
スポンサーサイト

2006.04.10 


Secret

TrackBackURL
→http://asakomno.blog6.fc2.com/tb.php/169-04b12245
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。