上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
この間「いや~もうすぐ25だべ順ちゃん(姉)」と言ったら本気で怒られてしまった。



その姉が今日24歳の誕生日である。

ついでに明日が父農夫雄(40代から老眼)の52だかそこらの誕生日だったはずだ。



しかしそんなカリカリしねぐっていいべしたーと言いたかった。でも小心者の私は言えなかったのがとても悔しい。
それにしても一歳の差をやたら気にするあたり歳とってる証拠だよなぁと思ってしまうのは私だけだろうか。


しかしたかが1歳上でもやたら大人に見えるというのが若者なので、百歩譲って姉はまだ若者であるという可能性も残しておかなくてはいけない事も覚えておくべきだろう。


結構どうでも良い事だが。





そんな私も、22歳だもんねヘヘンと頭では思っているが、ボケていて実は100歳だったという事もあるかもしれない。


目で見える事が全てであるとは限らない。

何しろ時間は無駄にはできないなぁとやたら老婆心を出して説教してしまう位だ。
そろそろお迎えが来てもいい歳だったりするのだろうか。




すると頭の中での祖母治子は娘で、脳内姉順子は実際はひ孫だろうか。
小遣いもあげない祖母に対し、なんと付き合いの良いひ孫だろう。うっかり感動してしまった。

次からは小遣いでもあげるべきか、それともボケたふりをするべきか、少し迷うところだ。















こんな事ばかり考えていると本当に脳内ばあさんになってしまいかねないので、最近全く動かしていない脳みそと体を動かすべきではないかと思う。


+++++++++++++++++++++


数日前戻って来て一日中寝ていた。

いつもは10月から雪が降るのに今頃雨が降ってやがる、と悪態をつきつつ何とか落ち着いたところなので、mixiに手をつけてみた。




ところで小学校の同窓会がこの間あったそうな。
私も行きたかったのに行けなかったのが悔しい・・・私が電話した頃には皆酔っ払ってて楽しげで羨ましかったです。


佐川君伊藤君、おつかれさんでした!
またやる時は是非呼んでちょうだいね。今年帰る時は遊ぼうじゃないの。











その小学校時代の友達Eちゃんから今日来たメールより

「一昨年の夏、お台場に来てた?声かけようかと思っちゃったんだけど、まさか違うよね~。」



偶然というのは恐ろしいものだと思った。

常に10個位全身にカメラを付けて360度見ながら歩く、それこそいつ刺されても大丈夫な位の用意をして出かける位の心構えは必要である。



それこそ変質者のような気がしなくもないが、所詮基本は全て自己満足で成り立っているので良いという事にしておこう。





だが私は絶対にやりたくない。
スポンサーサイト

2007.01.08 


Secret

TrackBackURL
→http://asakomno.blog6.fc2.com/tb.php/210-51e259dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。