上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
2007-01-16_25365.jpg

IMG_0075.jpg

IMG_0124.jpg



今日の提出日の課題を徹夜で仕上げる(人生二度目)

あまりの進まなさの為、一時呆然とする(AM3:00)

これまでに無い位必死に打ち込み、奇跡的に終わらせる(4:00)

翌朝の雪のため、そのクラスがキャンセルになる。

課題の提出期限が三日後の金曜日になる。




ちょっぴり自分がかわいそうになる瞬間とはこういう時なのだと思う。



+++++++++++++++++++++


ここ一ヶ月、いろいろな事があった。

激動の一ヶ月と言っても言い過ぎではないだろう。



密かに手帳に書いている日記より。


~ 家のトラブル編 ~


● 1/14 家の裏の電柱が倒れて爆発音+停電。驚いてパソコンを投げる。ちょっとびっくりしすぎてしまった。うっかりだ。明日の午後に復旧らしい。家が立ち入り禁止になる。寮の空き部屋に避難させてもらう事になった。


● 1/15(祝日のため、学校無し)雨が降っているから修理しないとの事。関係ないだろう修理のオッサン。今日の天気は降っているか降っていないか分からない位の雨。きっと祝日だから面倒なんだろう。直るのは明日だそうだ。
ところでここの部屋、ネットが使えないのは困る。


● 1/16 工事がまた明日に延期になったらしい。なぜだろう。やる気が無いというのは平和な証拠だ。


● 1/17 「また明日に・・・」・・・予想はしていた。もう既に1週間分の用意を持って着ているので大丈夫である。


● 1/18 全略。


● 1/19 電気が復旧。やっと帰って来る事ができた。と思ったらお湯が出ない。


● 1/23 壊れてから四日後、お湯が出るようになった。なんでこんなにかかるのか不思議だ。ミラクルだ。ものぐさ修理屋だ。


● 2/5 ストーブが動かなくなる。外は約-20℃。ちょっと死ぬかと思った。生きていた。セーフだ。


● 2/6 学校から帰る頃には修理屋が来て直っている筈なのに、全く動く気配がしない。謎だらけだ。大家さんには直したと言っていたそうだ。


● 2/7 また今日も呼んだらしい。今日は私がいる時に来たのだが、彼は変な紐を持っただけの情けない姿だった。一見すると修理屋だとは分からない。さすがである。
来てから約10分後、「水が漏れているからここにバケツでも置いておけ」と言い残し、去る。やはり直っていない。「今日の夜あたりに誰かが原因を見に来るかもしれない」だそうだ。一体何しに来たのか。全く謎だらけだ。そして思った通り、誰も来なかった。

   ここで大家怒る。最初見た瞬間から原因が分かっている大家Jさん、「明日は俺が立会って修理させてやる」だそうだ。頼もしい限りである。


● 2/8 大家の立会いのおかげでストーブがやっと直った。原因は配管の凍結だそうだ。ありがたや。


● 2/11 再びストーブが動かなくなる。おそらく外は-10~20℃だろう。ちょっとどうでも良くなってきたあたり、最近なんだか投げやりな性格になったような気がしてならない。
いい事なのか悪い事なのかちょっとよく分からないが、性格というのは何でも一長一短だという事で納得してみようと思う。


● 2/12 工事の業者のために家の鍵をポストに入れていたのだが、帰ってきたらなくなっていた。鍵の家出だろうか。いい加減ありえないので、とりあえず大家さんに連絡をしておいた。
ストーブは直っていた。





という事で今日に至る。鍵は未だに無い。大家さんが明日になったら届けてくれると言っていたので良いということにしておこう。



ただ、なくなった鍵はどこにあるのだろうか。ちょっと気になって仕方がない。

どうやら業者はノックして入ってきたらしいので、鍵は使わなかった=鍵はポストになかったという事に当然なる。



考えられる所は全て探した。ひょっとして誰か他の人に取られたのだろうか。だとしたらちょっとまずい事になる。


大家さんは「新しく作ればいいかしら~」という雰囲気なので、そんな気にすることでもないのかもしれないという気になってきたが、やっぱりちょっと心配になる。




明日聞いてみるという事なので、明日までどうなるかは分からない。

今の時点ではあまり気にしない方がいいような気がする。










結論:「モーガンタウンの修理業者はデンジャラス」







全く意味が分からないなどとは言わせない。













あと少しで最後に起きてから40時間が経とうとしている。
いい加減寝ておかなければ。



明日は大雪だそうだが、キャンセルになる授業はあるのだろうか。ちょっと楽しみである。

ただ、夜にCATSを見に行くので、それまでは溶けてくれる事を祈るしかない。




写真1:1/14の倒れた電柱の写真
写真2:我が家の猫達
写真2:我が家の猫達2
スポンサーサイト

2007.02.14 


Secret

TrackBackURL
→http://asakomno.blog6.fc2.com/tb.php/211-497d84c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。